意匠

意匠について

意匠とは、工業製品のデザインの創作です。

物品の形状や模様、色彩、またはこれらの結合が対象になります。
しかし、保護の対象となるのは、「工業上利用することができる」意匠に限られます。
不動産(土地及びその定着物)も原則、対象にはなりません。

技術的特徴に着目して特許出願し、特許権で保護する戦略がありますが、
形状、模様等に特徴がある場合には、意匠権で保護することも可能です。
うまく活用すれば、意匠権は非常に有効な保護手段となりえます。

意匠の必要性

意匠権の最大の特徴は、「意匠登録されたデザインに類似したデザインを、意匠侵害として排除する権利が認められる」ということです。

商品のデザインに関して何も権利を有していなければ、特に一部を変更したデザインの商品を販売した企業に対抗することが困難ですので、「物品のデザイン」を有効に保護することを目的とする意匠権が必要となります。

意匠権の権利範囲は、登録された「物品のデザイン」のみでなく、その類似の範囲まで及びます。

また、類似の範囲を拡張するために商品のデザインの「模倣されやすい部分」に焦点をあてて登録することや、「関連するデザイン」を登録することも可能です。

意匠権を取得することにより、完全なコピー商品だけでなく、一部を変更したデザインの商品を販売している企業に対して、商品の差止等の請求を行うことができます

意匠イメージ
お問い合わせ