中部経済新聞0724
平成29年7月24日付 中部経済新聞 第7面掲載記事(寄稿 開発NEXTプロジェクトリーダー 富澤正)より

おもちゃ業界は特許の山

こま遊び玩具「ベイブレード」(タカラトミー製)が子供たちに大人気です。

これは従来のベーゴマと同じように、コマを盤上に発射し、相手をはじき出すか、長く回転していたほうが勝つというこま遊び玩具の一種です。
2015年からの“ベイブレードバースト”シリーズは、これまでのこま遊び玩具と違い、相手のコマをバラバラに破壊する「バーストギミック」が搭載されており、この仕組みが子供たちを夢中にさせているのです。

ライフサイクルと知的財産

おもちゃ業界はライフサイクルが短い業界の1つですが、一方で特許を取得するまで平均2年以上かかります。

2年も待っていたらおもちゃの旬が過ぎてしまいます。しかし、特許は登録してから初めて効力が発生するため、登録されるまでは競合商品を止めることはできません。やはり、特許がない状態は販売に踏み切るのも恐いものです。

タカラトミーは早期審査制度を活用することで、このバーストギミックに関係する特許を半年で登録しています。
制度を上手くつかってタイムリーに権利を確保し、競合他社の追随を防いでいるのです。

早期審査・早期審理制度

一定の要件の下、出願人からの申請を受けて審査・審理を通常に比べて早く行う制度です。
参考: 早期審査制度とは(特許庁HP)

関連記事

おもちゃのトレンドと特許出願 ベイブレードバーストを紐解く